<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Dan on a Music Video of Slow Club "Beginners"

from "Dan Radcliffe Web Japan"


昨晩遅くにオンラインに現れたニュースです。
既に当サイトDiaryではお知らせしましたが、Slow Clubの
Beginnersという曲のミュージック・ビデオにDanが出演
しています。
カッチョイイ(≧▽≦)



実は少し前から"Danが出ているMVがある"という話は在った
のですが、なかなかビデオがアップされなくて今か今かと待っ
ていたものなんですヨ。

a0027925_1510846.jpg


















ちなみにこのビデオはロンドンのフィンズベリー・パーク内
The Faltering Fullback(ザ・フィルタリング・フルバック)
というパブで1テイク(カット、編集なし)で撮影されました。
[PR]
by DanRadcliffe | 2012-06-20 14:30 | Dan Radcliffe

Dan confirmed to star in "The Cripple Of Inishmaan" in 2013

from "DanRadcliffe.co.uk"

a0027925_13341327.jpg



















マイケル・グランデージ・カンパニーデイリー・メールは、
来年ウエストエンドで開催される劇場芸術監督マイケル・
グランデージの12-ウィーク・プロダクションの一環として、
舞台"The Cripple of Inishmaan"(2013年6月8日~
8月31日)にDanが出演する事を発表しました。

"The Cripple of Inishmaan"(ザ・クリップル・オブ・イニ
ッシュマン)は、ロンドン生まれの劇作家マーティン・マクド
ナーの作品。マクドナーにはアラン諸島三部作というのがあり
、これはその一作品で1996年に発表されています。
Danは、1996年にナショナル・シアターで初演されたこの作
品のリバイバルの舞台で主役を演じることになります。


時は1934年。
これは、イニッシュマンという三つ並んだアラン諸島の真ん
中の島で、幼い時に両親が事故死し、近所のおばさん2人と
暮らす主人公ビリーのお話。
ビリーは身体が不自由ですが("クリップル"とは手足の不自由
な人を指す)、映画スターになるのが夢。ある時夢を叶えよう
とアメリカに旅立ってしまいます…


[PR]
by DanRadcliffe | 2012-06-15 13:43 | The Cripple Of Inish

Dan launches The Woman In Black Home Premiere event

from "DanRadcliffe.co.uk"


映画「ザ・ウーマン・イン・ブラック」の"ホーム・プレミア"
が行われます。これは6月21日(木)午後8時から全世界で一斉
に行われるイベントで、家に居ながらDVDやBlu-Ray、または
デジタル・ダウンロードした映画を楽しむものです。
DanがイベントをPRしています。



「最も長い一日がやって来ようとしています。そして暗闇が
忍び込む前に"ザ・ウーマン・イン・ブラック"を安全に見る
事は理に適っています。6月21日午後8時、映画を見てね。」

6/21はFacebookへログイン!
とはいえ、日本時間では6/22午前4時。つらいっすね(笑)
[PR]
by DanRadcliffe | 2012-06-13 19:17 | TWIB

UPDATED:Dan talks with The Advocate

from "DanRadcliffe.co.uk"


Danがアドヴォケイトとインタビューを行っています。次回作「キ
ル・ユア・ダーリンズ」、トレヴァー・プロジェクト、そしてDVD
がリリースされた「ザ・ウーマン・イン・ブラック」について語っ
ています。


”「ザ・ウーマン・イン・ブラック」はハリー・ポッター後初の映画です
ね。ホラー-ファンタジーのジャンルで別の映画をやるにあたって躊
躇する事はありましたか?

Dan:ファンタジーの要素からかけ離れた脚本を排除してしまっては、
膨大な素晴らしい作品から自分自身を切り離してしまう事になるだろ
うと言い聞かせたんだ。
何年も前の映画でいうと「シャイニング」や「天国への階段」、みん
なが良く知っている作品から閉め出してしまうってね。
魔法のリアリズムやゴーストもの、ポッターとはまるで違った感覚の
もの、超常的な要素を含み得るたくさんの映画がある。そういったも
のが意思決定に影響を与えないようにしたんだ。


この映画の何が特にあなたに訴えかけましたか?

Dan:
純粋に異なるもの、みんなが期待しないであろうもの、そして僕自身
が期待しないものをやってみるチャンスだと思ったんだ。
もしポッター終了後にやる最初の映画がスリラー映画になるとあなた
が僕に言ってたら、僕はあなたを信用してなかっただろうね。
スリラーものに特に魅力は感じなかったからね。
でもこれまでに僕に強い印象を与えたスリラーのうちの1つが「アザ
ーズ」だった。13才の時に見たんだけど、大好きになったよ。


次回作「キル・ユア・ダーリンズ」ではアレン・ギンスバーグを演じま
すね。

Dan:
彼を演じられて凄くラッキーだと思ってる。生い立ちや母親、彼の生き
ざまから受けたダメージがあったにも拘らず、彼はビートそのものから
抜け出した最もオープンで情け深い人間だった。
彼は確かに一緒に居て心地良い人間だと思う。彼とウィリアム・バロ
ウズが共に過ごすフッテージを見れば、彼らが本当に慈しみ合い、ど
れほど親しく愛し合っていたか、そして共に過ごした事が2人にもた
らした強い悲しみが分かると思う。凄いよ。”


昨年、トレヴァー・プロジェクトのヒーロー賞を受賞しましたね。
トレヴァー・プロジェクトの創立者は、組織に参加出来るようあなたの
方から働きかけたと話しています。何故あなたにとって大切だったので
しょうか?

Dan:
数年前にインタビューを行ってからかな。ゲイの権利について尋ねられ
てね。他のどんな質問よりもその件について熱く語る事が出来ると自分
で分かったんだ。父と母の友達にゲイの人たちが居たりして、僕の人生
にはいつでも多くのゲイの人が居たんだ。
学校に通ってた頃、多くの子供たちを見ていて突如不思議に思う事があ
ったんだ。僕は未だに奇妙だと思ってる。同性愛の何が目新しいんだろ
うって。それは長い間続いているよ。僕にはなぜ人々がそれについて野
蛮な考え方しか出来ないのか理解できなかった。
同性愛が嫌悪され、国内外でそれが何百万もの人たちの生命に影響しか
ねない方法で人々がまだ教えられている事に激しい苛立ちをおぼえたよ。
そんな時に友達を通じてトレヴァー・プロジェクトについて学んだのは
、まさに完璧なタイミングと言えるだろうね。
支援や手助けになりたいと思ってたし、それが出来たら凄く光栄だと思
っている。皆が僕に近寄って来て言うんだ-毎週少なくとも5,6人の人が
「トレヴァー・プロジェクトに尽力してくれてありがとう」ってね。
強く信じる事を話すことがポジティブな変化をもたらすのは素晴らしい。
僕はその一部になっていることに凄く誇りを感じているよ。


同性婚はアメリカでは重要問題です。今年初め、イギリスの首相デビッ
ド・キャメロンはサポートを表明しました。同様にそれを支援する考え
は安全でしょうか。

Dan:
はい、絶対に。明らかに(笑)"同性婚は物事として捉えるべきではなく、
議論されるべものでもない"こんなのはまやかしだ。すべてが議論される
べきで、誰もが結婚できる筈なんだ。
僕が見た最も驚いた事の1つが、共和党のミシェル・バックマン(2012年
の大統領選挙の共和党候補の1人)が、若い女の子たちに"何故同性愛の
男性は結婚できないのか"を尋ねられた時の事でね。彼女は"結婚は出来
るが互いにそうしない"のだと答えた。僕は思った。これは問題だと。
彼らは質問の意味さえ理解していない。僕にはとても腹立たしく奇怪だ
よ。上手く行けば進展するかもしれないね。
[PR]
by DanRadcliffe | 2012-06-02 17:06 | Dan Radcliffe